コレクションガイド

江戸時代は、まさに日本美術の新時代の幕開けともいえる時代でした。特に1600年は、日本史の分岐点となる年でした。この年に徳川家康が支配権を握り、戦国武将による戦乱が続いていた日本を統一したのです。将軍となった家康は、都として江戸(現在の東京)を選び、地方の一僻地を日本の新しい中心地へと変えました。

当時、人口100万人であった江戸は、18世紀半ばには地球上で最大の都市となっていました。ちなみに、徳川幕府が統治を続けた1868年までが、江戸時代と呼ばれます。平和で豊かなこの時代には、芸術も盛んになり、中でも浮世絵は、独特の視点、不意の断絶、見事な絵画スタイル、明るく濃淡のない色彩などの美しさが際立っていました。

米NYのクリスティーズ社の日本美術スペシャリストであるアナスタシア・ヴォン・シーボルト氏は、「喜多川歌麿(1753-1806)、葛飾北斎(1760-1849)、歌川広重(1797-1858)は、史上最高の画家の殿堂に属しています。」とコメント。2017年、同社では、北斎の『神奈川沖浪裏』が、日本の木版画のオークション新記録を樹立し、落札額は94万3500ドルを記録しました。

墨摺絵(白黒)

木版画は、8世紀に主に仏典などの文献の複製に使われたのが始まりです。絵が入った本が作られるようになったのは1500年代初頭のことで、これにより単体の絵への道が拓かれました。

最初に描かれたのは、墨一色で摺られた白黒の「墨摺絵」でした。これは、紙に描いたスケッチを桜の木の版木に転写し、それを彫ってインクを塗り、白紙を重ねる技法です。書道的な線描で知られる著名な画家には、菱川師宣(1618-1694)がいます。

多色摺の木版画「錦絵」

複数のカラーを用いた印刷は困難で、緑やピンクは1740年代に入ってから慎重に導入されました。鈴木春信(1724-1770)が多色摺を確立し、1765年に技術は大きな進歩を遂げました。

その結果として生まれたのが「錦絵」です。錦絵は、木版を何枚も彫って作られたものです。まず輪郭を浮き彫りにした「主版(おもはん)」を作り、次に主版を印刷し、その校正刷りをもとに、さらに各色ごとの木版を作ります。そして、各ブロックの正確な位置合わせを可能にする技法を利用して、各色の木版を1枚ずつ印刷していきます。

今日、版画といえば、晴信以降に制作された華麗なフルカラーの作品を思い浮かべることが多いでしょう。19世紀までには、広重の壮麗な夕焼けや水面の広がりのグラデーションに見られるように、芸術家たちは非常に繊細な表現を確立しました。

このような繊細な版画は、常に求められる存在であり、どの時代においても需要があるのです!